トラヴァースイングリッシュ 日本語版

様々な英語学習体験を元に、めちゃくちゃ忙しい人でもICTを活用して効率的に英語コミュニケーショ力を身に付けるノウハウや悩み解決法を紹介・レビュー・検証します。

スピーキング 英会話学習方法

外国人に通じる英語の発音をするために注意すべきポイント

ポイントは日本語にない発音

英会話の学習において、避けて通れないのが発音です。学校でもほんのちょっとだけ授業でやったり、テストでは同じ発音の単語を選ぶなどがありますが、いずれも音そのものを重要視した学習ではありません。テストで割と軽視される「発音」ですが、英会話を経験すればするほど、授業でもっとしっかりやっておくべきだよなぁと感じます。

実際には発音が正確じゃないと通じないということは、ほとんどありません。英語を話せる人の中には英語っぽくないような、いわゆる「日本語訛りの英語」を流暢に話す人もいます。それでも会話の文脈から意味は推測できることも多いですし、会話にはそれほど支障はありません。

語学留学をしてたとき、同じ日本人留学生なのにえらく発音が英語っぽい人がいました。話をしてみると、だいぶ長くアメリカに住んでるからだろうと言われました。なぜこんなにキレイなんだろうと注意深く彼女の発音を聞いていると、英語独自の音をきちっと出せてるからだ、ということに気が付きました。

つまり英語の発音の重要なポイントは、英語の特徴である日本語にない音を、いかにきちんと発音するかということだったのです。よく言われる発音の違いの例では、 r と L の違いがありますよね。日本人は「r」の発音が苦手と言われています。

苦手なのは当然で、その理由は「日本語にない音」だからなのです。日本語にない音というのは日本人には聞きとりにくく、聞き取りにくい音というのは正しく発音ができるわけもないのです。真似をしようとしても、似ても似つかぬものになってしまう。それは仕方のないことです。

英会話で気付く「外国人に通じる」発音の大切さ

英語は日本語よりもよく舌や唇を動かし、その音を作ることが多いです。抑揚も大きく、イントネーションとリズムが非常に大事です。このブログで「シャドウイングが重要」と書いたのは、英語を話す云々以前にこの口を動かす筋肉を鍛えないと、口がそもそも動かないからです。

発音は勉強というよりは慣れるしかないんですよね。何度も聞いて、何度もマネをする。そしてそれがちゃんと正しく発音されているか相手に確認してもらう。

発音は独学では習えないものの一つで、自分の発音がどう聞こえてるか、日本語を話せない&英語に慣れた相手が絶対に必要なのです。正しい発音になっているか相手に確認したり、正しい手本を見せてもらわないと一人ではどうにもなりません。

発音を学校で習ったときは、発音の違いの重要性を全く理解できないのですが、実際に使って相手に通じないという事実に直面して、ようやくその重要性に気付きます。オンラインでもオフライン(リアル)でも、英会話をやってみて初めて発音の大切が体感できます。

逆に発音ができるようになると、音の聞き分けができるようにもなります。つまり、発音ができると音もよく聞き取れるようになるのです。

厳密に言うと、日本語にない英語の発音はたくさんありますが、ここでは代表的でかつ意識してやった方がいいものだけピックアップしてご紹介します。正しい発音は最近話題のYouTuber「バイリンガール」さんのところをサンプルとして掲載しておきます(あまりお好みじゃかったらごめんなさい!)。

LとRの発音の違い

私が一番苦労したのはやはり「r」の発音です。期待する音が自分の口からなかなか出てこず、本当に苦労しました。これはもう、文字では表現がかなり難しく、目と耳で理解しながらの練習が必須。ぜひバイリンガールさんの発音を参考に練習してみてください。

ちなみに中学に最初に習う単語に「girl」がありますが、この発音が意外と難易度高い。rとlの違いを踏まえて正確にやろうとすればするほど、舌がツリそうになります。rとlがくっついてる単語がこんなに発音難しいとは…。

THの発音

TH、英語ではthisだったり、withだったり、習いたての英単語でもふんだんに単語に入っています。音としては濁るものとそうでない2種類の音があります。これらは「ディス」や「ウィズ」というカタカナ発音があてられますが、実際には日本語をベースに同じ音を真似てみても、日本語にない音のため正確な発音にはなりません。

日本語でよく使う「thank you」も実は日本語発音では外国人にとっては英語として聞こえてないのです(ほぼ通じますが)。確かにわかってくるとカタカナ英語で「サンキュー」だと、どううまく言ってもネイティブ発音には遠く及ばないです。

英語では実際どんな音が正しいのか、耳に全神経を集中させて聞いてみてくださいね。

VとBの発音の違い

日本人にはこの2つはほとんど同じ音に聞こえがちなのですが、英会話の中でこの二つの発音を間違えると、相手に間違ったまま認識されることが多かったです(例えばVolumeと言ってるつもりが相手にはBolumeに聞こえる、など)。油断してると今でも間違えやすい発音なので、この2つの発音は特に注意してます。

さいごに

発音については、私はオンライン英会話で2週間集中的に練習したことがあります。当時、たまたま当たった先生がやたら発音を注意してくるので、何度も「え?え?」と聞き返されたり、発音のお手本を見せてくるのです。発音が通じないとか間違っていると言われるのは、英会話をやる上ですごくプライドが傷つくんですよ。だから悔しくて何度も練習しました。

そのおかげで発音の重要さに気が付けたわけです。先生、むかついた態度をとってごめんなさい。そしてありがとう。

発音はテストの回答と違い、自分なりの答え(発音の方法)が見つかるまで意外と苦労しますが、2週間くらい毎日やると確実に上達します。

発音は英会話そのものに慣れて来たらで十分間に合いますので、余裕ができたら短期集中的に練習してみることをオススメします。

ご存じですか?オンライン英会話は無料で始められるんです。初めてでも安心して受けられるオンライン英会話スクールをご紹介してます。
Check!おすすめオンライン英会話スクールの比較と選び方

 


-スピーキング, 英会話学習方法
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Trying in the lesson

オンライン英会話のレッスン効果を100倍高める方法

photo credit: Alan and Kelsey via photopin (license) あなたのレッスン、充実してますか? オンライン英会話のレッスンは基本的に毎日あります。たった2 …

Listening

楽天でも英語学習に絶大な効果を発揮した「声に出す練習法」が有効な理由

photo credit: Phil Plait Is Listening via photopin (license) リスニング力は伸びにくい? 私はかなり長い間リスニングのスキルに悩んでいました …

LOUIS VUITTON

絶好の英語教材は意外に身近なところにある!?

photo credit: Huge Louis Vuitton Bags via photopin (license) どんなことでも、好きじゃないと続かない とにかく英語の習得には、英語を好きにな …

Rocket

経験者が教える短期間で英会話がぐんぐん上達した具体的な方法

photo credit: jurvetson via photopin cc はじめに このブログでは「継続的な英語学習のノウハウ」をテーマにしています。だから英語教材で謳われているような「1週間で …

Teacher explains with blackboard

学校で習う英語は受験以外で全く役に立たないのか?

photo credit: Teleportation via photopin (license) 学校の英語教育の是非 私は学校の英語教育に否定的ですが、全否定をしているわけではありません。特に中 …